« 支離滅裂な選択 | トップページ | 文章は写経のように書くのがいい »

2009.05.02

tumblr

 tumblr をやってみることにした。
 いろいろと考えたんだが、会社の公式 Web サイトを作った場合、情報を tumblr と Twittie で流そうと思っていて、そのためのテスト導入をしておかなきということでやってみた。だって、ホワイトハウスが Twitter を活用している時代だもの。

 まずは tumblr のサイトにいき、Sing up。メアドと ID と url を入力したら、あっという間に自分のページにジャンプ。
 気がついたらすでにページができます状態。で、なにをどうしたらいいのかさっぱりわからず。ということで、このページを参考に、というのも、tumblr のページが新しくなっていて構成が微妙に違っているみたいなので、このページ通りにはできなかったりするけど、なんとか自分のサイトっぽくしてみる。って、Title を入れて Customize のページで基本的なデザインを選んだだけ。
 Twitter との連携をどうしようと思ったら、tumblr にちゃんと用意されていて、Twitter のユーザー名と PW を入力するだけで、tumblr に書き込んだものがそのまま Twitter にも流せるようになっていた。いや〜、楽ちん。

 ということで、テキストを書き込んでみたり、写真を貼ってみたり、さらには引用してみたり、url にリンクしてみたりで一通りできそうなことを試してみた。あっけないほど簡単。
 で、続いていろいろなページを Follow していくのが楽しいみたいなんだけど、Twitter の TL を眺めているだけでも大変なことになっているのに、ここに tumblr が加わったらどうなることか想像もつかないので、とりあえずネタフルだけ Follow してみた。

 ぼく個人の tumblr ページは机の抽斗みたいな感覚でメモしておきたいことや、気になった Web サイトのページなんかを放り込んでいくことにするつもり。
 Twitter は Twitter でつぶやけばいいんだけど、問題は Feecle。Twitter に tumblr でたぶん手一杯になると思うので、そろそろ考え時だよなと思っている。

|

« 支離滅裂な選択 | トップページ | 文章は写経のように書くのがいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/29412211

この記事へのトラックバック一覧です: tumblr:

« 支離滅裂な選択 | トップページ | 文章は写経のように書くのがいい »