« 春色 | トップページ | ハナニラ »

2009.04.03

1408号室

1408号室 [DVD]  なんだかこのところ毎晩のように映画を観ている気がするが、って事実なんだけどね、特に意味があるわけではない。たまたま、こういう気分になっているといたったところだろうか。ということで勢いに乗って観てしまった。以前から DVD の予告編で気になっていた映画だったので、ちょっと期待して観てみた。
 スティーブン・キングの同名短編の映画化。この部屋に泊まったものは一時間以内に必ず死ぬという設定なんだが、予想通り単なるホラーものではなく、主人公の家族なへの想いなどが複雑に絡んでいる。
 ただ演出的にはいろいろと仕掛けがあって、マジで一度ほんとうに肝を冷やしたシーンに遭遇してしまった。突然だったので吃驚したのだ。
 ストーリー展開的には凄まじくて、普通どんなホラーだってそこまで部屋が様変わりしないだろうというぐらい変わる。いつのまにか窓はなくなっているし、壁でぐるりと囲まれたり、極寒の状態になったり、どうなっているのか訳がわからなくなったところで、えっ? まさか夢オチ、なんていうシーンまで出てくるんだが、最後はちゃんと収まるところに収まりました。
 ジョン・キューザックがいい演技をしていて、ほんとうに最後はどうなっちゃうんだろうと思ったけど、ね。
 ともかく、なかなかおもしろい映画であった。

|

« 春色 | トップページ | ハナニラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/28958767

この記事へのトラックバック一覧です: 1408号室:

« 春色 | トップページ | ハナニラ »