« やっぱりランナーズニー | トップページ | しぶやーろふと »

2009.03.16

カメラに訊け!

カメラに訊け!-知的に遊ぶ写真生活 (ちくま新書 771)  今年の 5 冊目。田中 長徳「カメラに訊け!」読了。
 田中長徳ご本人としてみれば「晴れたらライカ、雨ならデジカメ」「カメラは知的な遊びなのだ」に続く、「カメラと映像を我が身に有効に効かせる視神経のビタミンの処方箋」の三部作完結編に当たるらしい。ひと言でいうと、田中長徳氏がどんなにカメラを、写真とは別にカメラを愛しているのかということがよくわかる一冊といっていいだろう。
 ほとんど毎日欠かさず読んでいる氏の blog「KC チョートクカメラ日記」でそのことはよくわかるのだが、ここまできちんとまとめ上げられると、ぼくもそのうちライカをなんていう気になってしまうからおもしろい。いやいや、おもしろいなどといっていてはいかんなぁ。危険である。実に危険な誘いだと断じた方がいいだろう。ともかくライカをはじめてとして映画用のカメラまで出てくるのだから、その病が高じるといかに恐ろしいことになるのかがよくわかる。
 しかし仕事ではコンデジか、デジイチにしても入門機で充分と、しかもそれを実践しているところは凄いよなぁ。このあたり写真というのは解像度でもなくレタッチの技術でもなく、カメラを通してどう世界を視るのかにつきるということなんだろう。弘法筆を選ばずではないけど、プロのカメラマンに必要なのはその視線だけ。内田樹がよくいうヴォイスに通じるものだ。
 でも、マジで余裕ができたらデジイチの高級機を買うのではなく、年代物のライカに広角レンズを付けて街を歩いてみたくなってしまった。その前にそんな余裕がいつできるのかが問題だけどね。

|

« やっぱりランナーズニー | トップページ | しぶやーろふと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/28660548

この記事へのトラックバック一覧です: カメラに訊け!:

« やっぱりランナーズニー | トップページ | しぶやーろふと »