« トワイライト・渋谷 | トップページ | 憂鬱な季節が »

2009.02.11

W杯アジア最終予選

 W杯のアジア最終予選を。
 試合は引き分けに終わったけど、対戦相手のオーストラリアのコンディションを考えると勝たなければいけない試合だった。特に後半、足が縺れそうなぐらい体力は消耗していたのに、無得点。惜しいシーンはあったけど、サッカーはチャンスの数を競うわけではなく、あくまでも競うのは得点。それが取れない。
 それも、最初のシュートシーン以外は、見ていて点が入りそうな気にならない。ここまで点が入らないだろうなぁと思える試合も珍しい。だってチャンスメイクについては確かに見ていてもなるほどと思えるけど、得点を取るというイメージがこのチームから受け取ることができないのだ。
 組み立てるだけ組み立てて、あとは運任せみたいな感じがどうしてもつきまとう。

 また試合後の会見で、松井を大久保に代えたのは驚いたとオーストラリアの指揮官ピムが語ったように、選手起用に若干の疑問が残る試合でもあった。
 そもそもチームの作り方からして、どこが進化しているのかよくわからない。中村と松井のテクニックが素晴らしく、さすがにあのふたりはそれこそ欧州のそれなりのチームの中心的な存在としてプレイしているだけあるとは思うが、そこに田中達也の運動量が加わっただけのような印象。
 もちろん遠藤や長谷部、玉田もきちんと貢献していることは認めるけど、これで W 杯ベスト 4 が目標だなんて、へそが茶を沸かす以前の問題だろう。
 ディフェンスのふたりは確かに高さもあるしフィジカルも強い。でも、昨日の試合だとファールギリギリの寄せでなんとか防いでいるといった感じで、信頼できるかというと、危なっかしいところがあるのは事実。ケーヒルのコンディションが普通だったらやはりやられていたとしてもおかしくない。実際、後半に抜かれたシーンがあったが、ケーヒルの足が縺れて自ら転んでしまった。あれ、転ばなかったら 1 点ものでしょ。
 というか、ここに高さのあるケネディが加わってふたりで来られたら、やっぱりあっさりとやられたんじゃないかと思う。両サイドは長友と内田だしなぁ。

 オーストラリアにしてみれば引き分けで OK なわけで、なにも危ない端を渡る必要はないからこれでいいけど、というか、そういうゲームプランだったように思うけど、日本は勝ちきらないと駄目だったんじゃないのかなぁ。
 だって残り四試合で勝ち点がいくつ取れるのか計算できると思えるほど、楽観視できないよ、これじゃ。
 ということで、前回の大会と同じような展開になりそうで最悪。
 監督のクビがかかった試合ではなんとか引き分けて最低ラインだけはキープして、W 杯本大会では予選でこてんぱんにやられるという結果が目に見えるよう。やれやれ。

|

« トワイライト・渋谷 | トップページ | 憂鬱な季節が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/28012669

この記事へのトラックバック一覧です: W杯アジア最終予選:

« トワイライト・渋谷 | トップページ | 憂鬱な季節が »