« 着メロしてみる | トップページ | Any colour you like »

2009.02.22

着メロできた

 着メロ作るぞ、の続き。
 昨日、きちんとできなかったおかけで何度も着メロの夢を見てしまった。
 とりあえず、改めてググって着メロに関する情報を仕込む。まず、わかったことはどうも通常のデータファイルでは着メロに設定できないらしい。著作権の問題なんかが絡んでいるからだろう。もちろん個人で楽しむだけなら問題ないだろう。
 で、切り出したファイルを着メロ用のデータに変換するには、「着もと」を使うのが一番楽らしい。ところがこのアプリの Mac 版がない。いや、あるにはあったんだがどうやらアップデートされていないらしく、Mac OS X 10.5.6 では起動してくれない。となるとバイナリを直接触るしかないようだ。
 ふむ〜。

 でもここまできたらやっぱり着メロ作りたいじゃない、どんなことしたって。ということで、バイナリのどこをどう変更すればいいのかググってみる。
 しかし、今回いろいろとやって感心するんだが、ググるとそれなりのページを見つけることができるんだよねぇ。で、わかったことはバイナリの「63 6D 64 00 00」を検索して、最後の文字を着メロにしたいデータファイルのサイズが偶数か奇数かで変更すればいいらしい。へ〜。って、なにがどういうことなのかよくわかったいないけど、とりあえずやってみましょう。
 まずは、フリーのバイナリエディタをダウンロード。ぼくは「HexEdit 2.0.0 J」をダウンロードすることに。
 エディタを起動すると昨日作った「.3pg」ファイルを開いて、文字列を検索。ところがこれがヒットしてくれない。ようするにそんな文字列はないということだ。ここまできてなんだそれは。
 ということで、改めてググって情報収集。はい、この文字列はどうやら「QuickTime Pro」か「携帯動画変換ちゃん」でデータ変換しないと駄目らしい。やれやれ。

「QuickTime Pro」は有料なので、「携帯動画変換ちゃん」にチャレンジしてみることに。
 まずはググって見つけたページの説明を読んで「携帯動画変換ちゃん」をダウンロード。ちょっと面倒だけど、というのも本体以外に必要なアプリがあるので、説明をきちん読んで設定しましょう。
 で、「携帯動画変換ちゃん」で昨日最初に作った「wav」ファイルを「3GPPファイル、音声AAC形式一般設定」でデータ変換してみる。「携帯動画変換ちゃん」でいろいろなデータ変換ができるので、もしかしたら一発で上手くいかないかもしれない。そのときは変換するデータ形式をいろいろと変えてみればいい。というのもぼくの場合、最初デフォルトで変換したけど、やっぱり文字列が検索できなかったので、やり直すことになったからね。

 変換したデータを「HexEdit」で開いて検索。文字列を発見。やぁ、ようやくここまで来ました、って感じだなぁ。
 変換したデータのファイルサイズが偶数の場合は「63 6D 64 00 00」の最後の「00」を「0B」に、奇数の場合は「0F」に修正してセーブする。

 で、データを昨日同様メールして携帯で受け取る。今度はちゃんと本体に保存できた。
 ただしこの方法で作成するのは「i モーション」のファイルということになるので、保存先は「データBOX」の「i モーション」、それも「i モード」のフォルダになっている ( SO905i ですけど )。携帯の設定メニューでデータを保存したフォルダから選択。めでたくオリジナル着メロの設定に成功した。
 長かったなぁ。

 今回、いろいろなページを確認したけど、最終的に必要だったのは「携帯動画変換ちゃん」のインストールの説明とダウンロードができるこのページと、「携帯動画変換ちゃん」の使い方が書かれているこのページ、それにバイナリの修正の説明と「HexEdit」のダウンロードができるこのページ
 いや〜、いろいろな人たちに感謝するとともに、Google にも感謝ましょう。昨日の夜から今日の午前中まで使い倒したもんなぁ。

|

« 着メロしてみる | トップページ | Any colour you like »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/28316001

この記事へのトラックバック一覧です: 着メロできた:

« 着メロしてみる | トップページ | Any colour you like »