« 広角 | トップページ | データ整理 »

2009.01.16

ディビジョナル・プレイオフ

 とりあえず仕事のこともあってちょっと遅くなったけどようやくディビジョナル・プレイオフ 4 試合すべてを録画で見ることができた。
 ここまで来るとあまりシード順に関係がなくなってくるとはいえ、今回は 3 試合がアウェイチームが勝つというのは意外な展開ではある。つまり、シード順位が下位のチームが 3 チーム勝ち上がったということだ。その 3 試合ともほとんどが拮抗した試合。特に、ジャイアンツ vs イーグルスは同地区対決ということもあって火花がバチバチ飛ぶような激しいプレイの応酬だった。結果を分けたのはチーム状態といっていいだろう。ジャイアンツは 12 月に入って調子を落としていたし、イーグルスは逆に調子を上げていた。その差がタッチダウンを取れるかどうか、FG が決められるかどうかという差になり、結果としてイーグルスが勝ったといっていいだろう。
 タイタンズ vs レイブンズもその差は僅か。でも、ここまでディフェンシブなぎりぎりの戦いというのも爽快感はないけどアメフトのひとつの魅力には違いない。パスがビシビシ決まる試合だと、どちらか一方的な展開になりがちだしどうしても大味な試合になっちゃうからね。

 で、次はチャンピオンシップということになるんだが、ずばり AFC はスティーラーズが、NFC はイーグルスが勝つような気がする。
 スティーラーズは攻撃のバランスがいい。ランもパスもどちらもきちんと組み立てられるし、もちろんスティールカーテンと呼ばれるディフェンスもしっかりしている。それに対するレイブンズは攻撃のバリエーションがどうなんだろう。って、シーズン全部見たわけじゃないからなんともいえないけど、スティーラーズに分があると思うなぁ。
 イーグルスとカーディナルスだが、ディフェンス面を考えるとどうしてもイーグルスに分がある気がする。とはいえ、カーディナルスもカート・ワーナーが絶好調だからなぁ。パスが実に素晴らしいし、フィッツジェラルドのキャッチもファンタスティックだし、なにが起こるかはわからない。けど、パスに頼らざるを得ないというとこに一抹の不安を感じてしまう。
 ということで適当な予想をしてみたけど、次の試合でスーパーボウル進出チームが決まるわけで、さらにおもしろい試合が見られるんじゃないかといまからワクワクしている。

|

« 広角 | トップページ | データ整理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/27220358

この記事へのトラックバック一覧です: ディビジョナル・プレイオフ:

« 広角 | トップページ | データ整理 »