« 高圧線 | トップページ | 新宿の夕暮れ »

2008.12.11

竜王戦第六局

 竜王戦第六局。
 第五局同様、相矢倉からがっぷり四つに組んだ将棋になるのかと思っていたんだが、渡辺竜王が早めに仕掛けて、序盤から混戦になってしまった。
 じっくりとした闘いを予想していたのでこの展開にはちょっと吃驚。
 二日目の今日も激しい攻防になったけどあっさりと押し切った形。70 手目で羽生名人が投了、午後四時過ぎには勝負がついてしまった。これから羽生マジックが出るんじゃないかと思っていたところだったからとても意外だったけど、どうも先手は攻め筋がなかったようだ。
 竜王の完勝なのか、それとも作戦勝ちなのか。ごめん、素人にはそのあたりがよくわからないんだが、ぼく的には作戦勝ちなんじゃないかと思ってる。
 これで対戦成績が三勝三敗の五分に。最終局で初の永世竜王が誕生するという、実にドラマチックな展開になりました。
 う〜ん、いまから楽しみ。

|

« 高圧線 | トップページ | 新宿の夕暮れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/26151463

この記事へのトラックバック一覧です: 竜王戦第六局:

« 高圧線 | トップページ | 新宿の夕暮れ »