« ブラックサイト | トップページ | monochrome の空 »

2008.12.05

竜王戦第五局

 竜王戦第五局。
 相矢倉から先手が攻めかけた初日同様、渡辺竜王が攻めていく。しかし、飛を切ったのには吃驚したなぁ。それでも強い攻め手を見せてぐいぐいと押し込んでいく。最後は、そのまま押し切った形。途中、いろいろな変化があったらしいけど外野から見ている、というかネットで駒の動きを見ている素人のぼくにはどんな激しいやり取りが水面下で為されているのかさっぱりわからないので、そのまま押し切った感じにしか見えないんだけどね。いや〜、素人は怖い。がはははh。
 最後に二4角に対して、三5歩と出たのが、とてもいい手だったようだ。控え室の検討陣たちも深く検討していなかった手らしい。
 でも、こういう勝負を見ていると、対戦しているふたりがなにをしているのかが朧気ながらわかってくる。
 勝負事だから当然、勝ち負けは大切なことだけど、どれだけいい将棋を、棋譜をふたりで創りあげることができるかということに、棋士たちは力を尽くしているんだなぁ、ってね。
 これで渡辺竜王の二勝三敗。タイトル戦の流れとしてもおもしろいものになってきたけど、しかし、いい一局でした。

|

« ブラックサイト | トップページ | monochrome の空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/25958672

この記事へのトラックバック一覧です: 竜王戦第五局:

« ブラックサイト | トップページ | monochrome の空 »