« 最終節 | トップページ | 冬枯れ »

2008.12.07

ミスト

ミスト [DVD]  以前から観たい観たいと思っていた「ミスト」をよくやく観ることができた。それにしても、このラストは重いなぁ。
 小松左京の作品なんかにもときどきあるんだが、ある状況下に放り込んだら人はどうなるんだろうという思考実験みたいなストーリーではある。けれど、ある状況下に置かれた人間の変化というものが、実にわかりやすく描かれていて、それも恐怖を、しかも生死にかかわる恐怖を感じると人は簡単に洗脳されてしまうという典型例も出てきたりして、このあたりはとてもシニカルなものを感じさせてくれる。それというのも出てくる人物の変化というものにとても説得力があるので、のめり込んで観てしまった。

 "mist" と "fog" とどう違うんだろうと思って辞書を引いてみたら、「haze より濃く fog よりも薄い」らしい。「神のベールを表し、豊饒を象徴」だって。
 しかしこういう状況に宗教が出てくると手に負えないよなぁ。映画の中では、まぁ、非常事態ということもあってああいう手段に出てしまったんだが、誰が見ても納得できちゃうんじゃないだろうか。
 設定やなぜということについては簡単な説明しかないので、実はなんだったんだろうという疑問に対するきちんとした回答はないし、実際のエンディングでほんとうに終わったのかということはわからない。それでも、原作とは違うこのエンディングは重いです。鉛を飲み込んだような重さがしばらく続いてなにをどう考えていいのかよくわからなくなったほど。
 しかし、人生には正解はないということなんでしょうか、ね。

|

« 最終節 | トップページ | 冬枯れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/26020324

この記事へのトラックバック一覧です: ミスト:

« 最終節 | トップページ | 冬枯れ »