« FCWC 準決勝 | トップページ | ぼくの知らなかった新宿 »

2008.12.18

竜王戦第七局

 竜王戦第七局。
 第六局に続いて後手の渡辺竜王が急戦矢倉を仕掛けた形になり、昨日から激しい応酬が続いているらしい。というのも、いつもならネット中継を見る時間があったりするんだが、今回は二日ともほとんどといっていいほど中継を見ている暇がなかったので、経過がよくわからない。
 熱戦だったらしいことは棋譜のコメントを読み返してよくわかった。結局、140 手で渡辺竜王が勝ち、初の永世竜王の称号を得た。しかも、タイトル戦で三連敗のあとの四連勝は初めてのことだとか。いや〜、凄い。
 将棋の内容は土曜日に放送する囲碁将棋ジャーナルで確認しよう。確か、解説は羽生名人だったから、対戦者にしかわからないことも解説してくれるかもしれない。
 おめでとうだね。
 いや、渡辺竜王を応援していたから、とても嬉しい。

|

« FCWC 準決勝 | トップページ | ぼくの知らなかった新宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/26312938

この記事へのトラックバック一覧です: 竜王戦第七局:

« FCWC 準決勝 | トップページ | ぼくの知らなかった新宿 »