« 馬車道 | トップページ | 竜王戦第七局 »

2008.12.18

FCWC 準決勝

 ガンバ大阪 vs マンチェスター・ユナイテッド。
 ガンバは攻撃的に行くだろうという予想はしていたけど、ここまでアグレッシブに戦えるとは思っていなかった。結果は 3-5。とてもおもしろい試合だった。
 というか、こういうノーガードの殴り合いのようなスコアの試合ってのは、見ている方からするとおもしろいんだが、たぶん監督や実際にプレイした選手にしてみればおもしろいではすまされないだろうなぁ。
 3 点獲ったのは素晴らしいことだけど、5 点も失っている。しかも、セットプレイから 2 点、マークのズレから 2 点だ。
 真剣に世界を視野に入れるならこのあたりはきちんと認識をしなければいけないと思う。3 点も獲ったよ、よかったね、じゃ、絶対にいまのポジションから上にはいけない。

 CK からの失点は、しっかりと身体を寄せてガードすべきだったんだじゃないだろうか。1 点目は、ヴィデッチに山口が完全に当たり負けしている。ファールしろとはいわないまでももっと激しく身体を寄せるべきなんじゃないだろうか。いや、確かに相手の身長も力量も上だけど、だけどそこをしっかり守らなきゃいつまでたっても同じ形でやられてしまう。たとえばフィジカルの強いオーストラリアなんかにね。2 点目は明神がロナウドの動きにやられてしまい、結果としてロナウドをフリーにしたために失点している。ユニ掴んどけよと思ったのはぼくだけじゃないはず。

 3 点目はルーニーにやられてしまった。中澤がその動きにつききれなかった。まぁ、あのスピードでああいう動きをやられたら仕方ないけど、もうちょっと競って欲しかったなぁ。あとの 2 点は完全にマークがずれていた。ディフェンスの意識がというのではなくて、試合の展開でここというときにきちんと守れるかどうかというところが勝負のポイントになる。この 2 点を失ったときの時間帯がちょうどそういう時間帯だったんじゃないだろうか。せめて一人でもいいからついていてくれたら、あるいはつききれなくてもマークの意識を持っていればああも簡単にやられなかったかもしれない。
 とはいえ、こういう試合を、というかプレミアリーグの試合を見てて思うのは、J リーグの審判は笛を吹きすぎる。ボディコンタクトに関しては、悪質なファール以外は流すべきだと思うし、倒れたからといって試合を止めたり、すぐにカードを出すというのもどうかと思う。

 3 点獲れたから攻撃は満足かといったらそんなことはない。特に、えっ? と思ったのが、最初のチャンスに播戸がシュートを打ったシーン。あのとき播戸はまったくゴールを見ずボールだけ見てシュートしていた。そりゃ GK に跳ね返されるわ、と妙に納得してしまった。このあたりの技術は、ルーニーなんかと比べちゃいけないのかもしれないけど、まだまだ差があると思わざるを得ない。シュート打つときは、ちゃんとゴールを確認しましょう。
 ぼくがコーチしていたとき小学生に口を酸っぱくして教えていたことだ。

 まぁ、その他にも GK のことだとか、いいたいことはいろいろある。確かに、いい試合と惜しい試合の間にはかなりの距離がある。それはそうだ。
 それでも、ぼくはこのいい試合に拍手を送りたいと思っている。

|

« 馬車道 | トップページ | 竜王戦第七局 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/26312985

この記事へのトラックバック一覧です: FCWC 準決勝:

« 馬車道 | トップページ | 竜王戦第七局 »