« 新宿の青空 | トップページ | ファームウェアアップデート V1.26 »

2008.11.21

村上式シンプル英語勉強法

村上式シンプル英語勉強法-使える英語を、本気で身につける  今年の 47 冊目。村上 憲郎「村上式シンプル英語勉強法」読了。
 ちょっと真面目に英語に取り組もうと思っているのはいろいろな理由からだが、その一環で苫米地英人の本と一緒に購入。ページ数としては薄いのでさらっと読んでしまえるが、内容はそれになりに濃いと思う。Google の副社長の本ということで注目されたみたいで結構売れているようだ。ぼくが買った本は 4 刷りだからかなり部数が売れているはず。

 全体的にいえることなんだが、あるところでスパッと線を引いて、やるべきこととそれ以上は考えなくていいことをきちんと区別しているところがよろしい。まず「読む」ということでいくと単語 10,000 語使えるようになりなさいとか、英語の出だしは 12 種類しかないとか、究極のところ「S+V」でしかないとか、「聞く」ということでいえば 100% なんて聞き取れないんだから、判る範囲で OK だの、「書く」ということでいえばビジネス文章の英作文なんてできないから英借文でいけとか、「話す」ということでも、日常英会話は 5 パターンしかないし、パーティなんかで話をするなら自分に関する 100 パターンの説明文を暗記しろといった具合。
「聞く」ということに関しては、苫米地英人といっていることがほとんど同じで、「耳を鍛えて聴き取る」耳の筋力のトレーニングをしなさいといっている。

 なんにせよ、完璧ということは忘れて、ということについて苫米地英人は「完全な文法なんて英語にも日本語にもないんだから」と説明しているけど、できる範囲でやればいいということ。ということで判っても判らなくてもいいからネイティブの会話をいっぱい聞いて耳を慣らして、ぐいぐい解るところだけ楽しめばいいからペーパーバックなんかを読んで、単語はひたすら眺めて覚えろということです。なるほど。

|

« 新宿の青空 | トップページ | ファームウェアアップデート V1.26 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/25564805

この記事へのトラックバック一覧です: 村上式シンプル英語勉強法:

» 苫米地英人(とまべち ひでと)とは [ダヴィンチ脳net]
苫米地英人(とまべち ひでと)とは、ダヴィンチ脳プログラムを開発した脳機能学者のこと。1959年9月7日生まれ。東京都出身、計算言語… [続きを読む]

受信: 2008.12.15 06:31

« 新宿の青空 | トップページ | ファームウェアアップデート V1.26 »