« 2 時間 | トップページ | ジョギングとヘッドフォン »

2008.09.15

ベオウルフ

ベオウルフ/呪われし勇者 劇場版(2枚組)  溜まっていた DVD の一枚をようやく片付けた感じ。
 ベオウルフは Wiki によると「デネを舞台とし、主人公である勇士ベオウルフが夜な夜なヘオロットの城を襲う巨人グレンデルや炎を吐く竜を退治するという英雄譚であり、現在伝わっているゲルマン諸語の叙事詩の中では最古の部類に属する」ものだそうだ。第一部でベオウルフは巨人グレンデルと戦い、第二部では炎を吐く竜と死闘をかわす物語がそのままストーリーになっている。
 見どころはパフォーマンス・キャプチャーなんだろうが、やっぱりどうしてこの手法が採用されたのかよくわからない。だっていまの技術なら実写でおなじようなものが撮れるんだもん。それとも筋肉ムチムチだったり、ナイスバディを見せたいだけでもなかろうに、と思うんだけど、ぼくの見方が下世話なんだろうか? 
 物語自体はファンタジーの原型ともいわれているぐらいなので、それなりに面白い。
 しかし「I am Beowulf」と叫ぶところはなぁ、なんとなく「This is Sparta」と叫ぶ「300」を思い出しちゃうんだけどね。

|

« 2 時間 | トップページ | ジョギングとヘッドフォン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/23783112

この記事へのトラックバック一覧です: ベオウルフ:

« 2 時間 | トップページ | ジョギングとヘッドフォン »