« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008.09.30

アゲラタム

アゲラタム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大丈夫なの?

 夜はテレビ見ながらいいちこを。
 アメリカの下院が金融安定化法案を否決してしまったせいで、ダウは 777 ドルも下がるし、日経平均だって 400 円以上下がってしまって大変なことになっている。ということでニュースでなにがどうなっているのかをきちんと知りたかったのだが、テレビのニュースにそれを求めるのは酷なんだなということを改めて認識する。
 日本のバブル崩壊と同じことが起こっているわけで公的資金の投入しか方法はないのに、国民感情的にはそれが納得できないということで否決されたわけだ。日本では誰もババを引きたくなかったらという理由でこの後始末にとんでもない時間がかかってしまったけど、それを知っているアメリカはもうちょっと早く手を打つんだろう。ほら、大統領も代わる時期だしさ。
 しかしこんな時期にばらまき・ローゼン麻生内閣だもんなぁ。
 過去に自民党がやってきて効果のでなかった手法をまたやろうって頭しかないわけでしょ。それでほんとうに大丈夫なの?
 どうなるんでしょう。そっちの方が大いに心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.29

雨に濡れた朝顔

雨に濡れた朝顔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

所信表明って

 夜、酒抜きでテレビを。
 ばらまきローゼン・麻生が民主党に対しての質問だらけという前代未聞の所信表明演説を行っちゃったので、そのニュースをつぶさに見ていく。
 麻生流なんていわれているけど、そういうことではなくてただ礼節とか、人を気遣うとかそういった心根がないだけじゃないのかなんて思ってしまう。だいたい民主党にあれこれ質問する前に、日本の経済がなぜに全治三年なのかその論拠を先に示して欲しいんだけどなぁ。そっちが先じゃないの?
 どうでもいいことだけど、このまま予算委員会やるのかなぁ。火だるまになるのは眼に見えているような気がするんだけど。
 それに対して民主党は、所信表明演説の予行演習をやるつもりらしい。
 まぁ、自民党が野党の予行演習をしているなら、それはそれでありかもしれないけど、どうなんだろうねぇ。本音ではみんなさっさと選挙してガラガラポンがやりたいだけだったりして、ね。いや、麻生も小沢もさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.28

カルガモ

カルガモ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.27

瑠璃茉莉

瑠璃茉莉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.26

No Finder - Loft

No Finder - Loft

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.25

ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモンとコスモス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.23

曼珠沙華

曼珠沙華

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.22

夕焼け

夕焼け

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.21

いつものプールだけど

横浜国際プール  いつものように朝一でプール。
 天気が悪かろうがなんだろうが室内だから関係なく泳げるところが嬉しい。
 手の掻きに気をつけながらいつものように 50m を基本に泳ぐ。
 それにしても不思議なんだが、少しずつだけど蹴伸びの距離が延びていくんだよなぁ。去年、プールに通うようになった頃は 7m 届くかどうかだったのに、7m はちゃんと越えられるようになってもうちょっとで 8m に文字通り手が届くようになった。別段、どこかが変わったわけではないのになぜなんだろうねぇ。水中での姿勢とか身体全体の使い方とどこかしらが変わっているんだろうけどまったく自覚できないでいる。だから僅かずつではあるけれど距離が延びることが不思議なんだが、だから面白いともいえる。まぁ、水に慣れてきた、という言葉でしか説明できないのかもしれないね。
 それにしてもどのぐらいまで延びるんだろう。興味深いことではある。
 最後は結構集中して泳いだせいか疲れを感じる。でも心地良い疲れなんだよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.09.20

ジョギングとヘッドフォン

 先週の二時間走の影響で左の太ももがまだちょっとおかしい。
 スクワットをやると痛みが走るのだ。だから当たり前だが走ると同じように痛みが走る。常に痛いわけではないが、なんとなく気にしているとときおりピリッとと来る。
 ということで今日は無理をせずに 30 分 JOG。
 実は、先週の土曜日にいつも使っていた Apple の In-Ear Headphones が壊れてしまったようで左側から音が出なくなってしまった。日曜日は仕方なく iPod についているヘッドフォンを使ったんだがあれは耳にフィットしないので使いづらいんだよなぁ。しかも音も漏れるし、走っていると外れそうで気が気じゃない。だから In-Ear を買ったんだけどね。
 今日は別のやつと思って家に転がっていた SONY の安い In-Ear タイプのやつを繋いで走ったんだが、よく考えたら SONY のヘッドフォンってコードがとても短くて延長コードを繋がないと駄目なんだよねぇ。その接続部分が走ってるとブラブラ揺れて、その揺れでヘッドフォンがずれてまったく集中して走れなかった。かなり我慢したんだが最後には嫌になっちゃって音楽聞くのを止めて、ただ Nike+ のデータ録るためにだけに nano を使うことに。
 さてと、明日走るときはどうするかなぁ。

 ということはさておき、30 分 JOG だったのであまりペースを意識せず適当に走る。
 37 分 9 秒で、6.84km。ペースは 5 分 25 秒 / km。もうちょっとスピードを出してもいいんだけど、そうなると今度は膝が痛み出すんだよね。走り出しはともかく途中、5 分 30 秒から 4 分 50 秒の間ぐらいだったので、このあたりが 60 分以内のランでの最適ペースかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.15

ベオウルフ

ベオウルフ/呪われし勇者 劇場版(2枚組)  溜まっていた DVD の一枚をようやく片付けた感じ。
 ベオウルフは Wiki によると「デネを舞台とし、主人公である勇士ベオウルフが夜な夜なヘオロットの城を襲う巨人グレンデルや炎を吐く竜を退治するという英雄譚であり、現在伝わっているゲルマン諸語の叙事詩の中では最古の部類に属する」ものだそうだ。第一部でベオウルフは巨人グレンデルと戦い、第二部では炎を吐く竜と死闘をかわす物語がそのままストーリーになっている。
 見どころはパフォーマンス・キャプチャーなんだろうが、やっぱりどうしてこの手法が採用されたのかよくわからない。だっていまの技術なら実写でおなじようなものが撮れるんだもん。それとも筋肉ムチムチだったり、ナイスバディを見せたいだけでもなかろうに、と思うんだけど、ぼくの見方が下世話なんだろうか? 
 物語自体はファンタジーの原型ともいわれているぐらいなので、それなりに面白い。
 しかし「I am Beowulf」と叫ぶところはなぁ、なんとなく「This is Sparta」と叫ぶ「300」を思い出しちゃうんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.14

2 時間

 朝一でいつものようにプール。
 さすがにちょっと落ち着いてきたようで、人の数もさほどではなくなってきた。まぁ、これが普通なんだよ、ね。
 ということでなるべく 50m 単位で泳ぐようにする。どうもストロークごとに息継ぎするのは忙しないし、だからといって 2 ストロークごとの息継ぎだとちょっと間隔が長すぎるし。う〜ん、帯に短し襷に長し。どうしたものか。
 左右両方で息継ぎできるといいんだろうがそんな器用なことできそうにないしなぁ。
 もっと楽に泳げるようになれば 2 ストロークごとの息継ぎでも大丈夫かもしれない。って、希望的観測だけど。

 夕方、ジョギング。
 60 分+α LSD ということで、ともかくのんびりと走る。感覚的に 6 分 30 秒 / km のペースで走るようにしてみた。走り終えたデータを見ても一定とまではいかないけれど、6 分半から 6 分ちょっとで走れたみたい。なんとなくだけどペースを身体が覚えたのかもしれない。
 まずは 90 分を目標に走り出したんだが、意外にもすんなりと走れたのでもうちょっといってみようかと走り続け、結局、2 時間走った。
 サッカーに例えると、って自分でも走りながらそろそろ後半が終わるなぁみたいな感じで走っているので、なんとなく考えやすいんだけど、前後半フル出場してさらに延長戦もフルに出た感じ。100 分を過ぎるとさすがに疲労感を覚えて、足を前に出す度に気合いをいけなければいけなかったけど、なんとか走ってしまった。
 このペースだと膝に痛みを感じることなく走れることがわかったのが一番の収穫かなぁ。ただ給水しないとさすがにこれだけ長時間走るのはきついこともわかった。走り終えて、とにかくアクエリをがぶ飲みしたんだが飲んでも飲んでも口の渇きがまったく癒えない。途中、一時間を過ぎたあたりで給水することを考えて走るようにした方がいいだろうなぁ。
 あとおかしかったのが、ここまで走り続けて初めて感じたことだけど、姿勢が悪いまま走っていると背中に疲労感を覚えること。姿勢って大切なんだなぁ。改めて思い知らされた感がある。
 123 分 3 秒で、19.17km。ペースは 6 分 25 秒 / km。フルマラソンだとこの倍走ってやっと残りが 4km 弱かぁ。結構な距離だよなぁ、やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.13

γ-GTP

黄色  食事をしてシャワーを浴びてから、いつものように病院へ。
 先月の検査の結果だけど相変わらず γ-GTP が高い。正常値の 2.5 倍ぐらい。ついでに中性脂肪と血糖も高い。検査する度にいつも高いので別段問題ではないんだけど、「そんなにお酒呑むの」と聞かれて、思わず「検査の頃は結構呑みました」と答えちゃったけど、正確には「ここ 30 年ほど結構呑んでます」だよなぁ。
 この際だからちょっと控えようかと思わないこともないんだが、やはりちょっとでもアルコールが入るときちんと酔っぱらうまで呑みたくなっちゃうんだよなぁ。ほどほどという呑み方ができない。それが問題なんだよね、いい歳しているくせにさ。

 夕方、ジョギング。
 45 分 JOG。とりあえず走り出してあとは勢いに任せてというつもりだったけど、どうも Nike+のデータが気になって集中できなかったので、45 分で止めておく。先週ほど身体の重さを感じたわけでもないし、膝も痛むことはなかったので、もうちょっと頑張って長く走ってもよかったんだが、それは明日ということに。
 45 分 28 秒で、7.40km。ペースは、6 分 7 秒 / km。途中から 5 分台のペースで走ったんだけど、やはりこのペースで 45 分以上走り続けるのはちょっと疲れるかも、ね。
 予定を変更してマラソン出場については膝の痛みが気にならないようになったら考えるつもり。とりあえず今年は走る習慣作りということで、週の半ばにも一日でいいから走る日を作ることにしよう。それと年内に一回でいいから二時間走をやってみよう。って、もうちょっと涼しくなってからだけど、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.11

4th generation


iPod nano (4th generation)
 ちょっと用事があって秋葉原に。
 ついでだからヨドバシカメラに寄って、新しい iPod を触ってみた。
 実は、新しい iPod nano のデザインはどうだろうと思っていたのだ。発表前からリークされていた情報とあまり変わらないデザインだったようだけど、その時からそんなに興味はなかったのだ。だから今回の発表についても、どちらかという新しい iTunes の方が気になっていたぐらい。すぐにダウンロードして昨日から使っているしね。

 ところが実物の nano を触ったら、そんなことなどすっかり忘れてしまい、とても気に入ってしまった。
 ともかく小さい。そして軽い。いや、それが信じられないほど軽いのだ。いまぼくが使っている 3rd generation の nano とは雲泥の差。おまけにホイールの操作感も軽快でとても気持ちいい。もちろん液晶も綺麗だしいうことなし。
 う〜ん、参ったなぁ。って、ええついつい買いたくなっちゃうぐらい。いや、たぶん財布に余分なお金が入ったら即買いしてたかも。
 ショッキングといってもいいぐらいともかく素晴らしいものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.10

候補っていわれてもねぇ

 自民党の総裁候補が正式に五人に絞られたようだ。
 まぁ、とりあえず手を挙げてみましたという棚橋と山本は推薦人が集まらなかったのか、それとも最初から出馬はともかくこの際だから茶の間に顔だけ売っておく作戦だったのかははっきりしないけど、立候補できなかったようだ。もともと当選ではなくて選挙を考えての顔出しでしょうと評する人もいたくらいだから、そういうことだったのかもしれない。
 で、それぞれの人物評だか、このページの評がとりあえずはまともなものかもしれない。
 これ読んで思い出したけど、確かに石原はあの頃抵抗勢力に攻められてタジタジだったよなぁ。こいつも総裁候補ってことで顔を売りたいだけなんだろうか。石破だってインド洋のガソリンスタンド広報程度だから候補っていわれてもねぇ。
 どっちにせよ、今回は麻生で決まりらしいので、どんなに賑やかな振りをしてもさほどおもしろくないと思うんだけど。マスコミの騒ぎも今週いっぱい保つかどうかといったところじゃないんだろうか。でなければあまりにもこの茶番劇に付き合いすぎでしょ。
 某公共放送でもニュースの時間を延長して五人の候補にインタビューしてたけど、経済について麻生が話しているとき、与謝野スネ夫がちょっと鼻で笑ったような表情をしたのが面白かったぐらいかなぁ。確かに麻生は経済のことがわかっちゃいないでしょう。それを党をあげて推すわけだから、まぁどんな展開になってもいまよりもよくなるとはちょっと思えないんだけどなぁ。
 いやだからスネ夫がいいという訳じゃないよ。念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.07

この雨じゃ、

 朝、いつものようにプール。
 夏の名残りを惜しむためなのかなんなのか、家族連れがやけに多くてちょっと泳ぎにくかったなぁ。ガキが多いと滅茶苦茶な方向で泳ぐやつとか、人のことはさておき自分の子どもしか見ていない親があっちこっちで立ちはだかってコースを塞ぐので困ってしまう。
 それでもなるべく 50m を基本にして泳ぐことにする。そのせいだろうか、いつもよりも上半身に疲労感が。とりあえずしっかり泳いだということにしておきましょう。

 夕方、走るつもりで筋トレとストレッチ。さぁと思ったらいきなり土砂降り。いわゆるゲリラ豪雨というやつ。
 激しい雨と雷でとてもじゃないけど走れそうにない。当たり前の話だけどね。
 19 時の NHK のニュースで「横浜 日吉 54mm」と報道されてたから相当酷い雨だったんだねぇ。って、確かに凄かったけどね。でも住んでいる場所がニュースに出るというのはなんというかちょっと妙な感じだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず勝ったけど

 6 時 45 分に起きる。
 プールに行くためなんだが、テレビを点けたら W 杯の最終予選、バーレーン戦をやっていた。録画なのかダイジェストなのかよくわからなかったけど、後半もあとちょっとで終わりというところでちょうど失点を喰らったところだった。どうなってるんだと思って見ていたら、そのあとさらに闘莉王のナイスヘッドで失点。画面の得点表示見たら 3-2 で辛うじてリードしている。
 どうやらそのままタイムアップになったみたいでとりあえずホッと一息。どんな試合だったのか、頭からきちんと見ないなんともいえないけど、最後の二失点だけを考えたら、どうなってるんだと文句のひとつもいいたくなるところ。まぁ、アウェイで勝ったから今回はそれで良しとして、問題はこの次でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.06

ちょっと重い感じ

レインボーブリッジ  ちょっと野暮用があって成田空港まで。
 そんなに混んではいなかったかけど帰ってみれば 5 時半を過ぎていた。走りはじめるにはちょっと遅い時間になっちゃったけど、とりあえずいつものように筋トレとストレッチをして走ることに。
 暑さはさほどでもないけど湿気が結構あって走っていてもなんだか爽快感がない。すんなりといつものように呼吸できない感じでおまけに身体が重いけど、それは先週一日しか走っていないからだろうか? やっぱりもうちょっと走る回数を増やした方がいいよなぁ。
 7.84km を 49 分 37 秒でペースは 6 分 18 秒 / km。
 4km 付近の Nike+のデータがちょっとあやしいので、実はもうちょっと速いペースだったんじゃないのかと思っているんだけどとりあえずこういう結果に。もうちょっと湿度が下がったら走りやすくなるんじゃないだろうか。って、それは来月になってからなのかなぁ、やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.05

茶番劇

 ばらまき派に増税派と構造改革派。
 だけかと思っていたら、若手を中心にみたいな感じでもっといっぱい立候補するみたいだけど、それって結局小池潰しなの? 
 まぁ与謝野スネ夫くんもどうかと思うけど、ってこんな状態のところへ増税含みの政策なんぞやられたら堪らないからね、でもばらまき麻生はもっと駄目でしょ。ばらまきやったってなんの効果もないどころか下手したらインフレだけが残るらしいので、ってええ経済のことなんぞさっぱりわかりませんけど、これだけは勘弁して欲しいところ。オタクに人気があるんだと本人は勘違いしているみたいだけど、どうもぼくに輪をかけた経済オンチらしいので、マジでこの人が次の総理になってなおかつ自民党が総選挙で勝ったりした日にはきっと日本は間違いなく沈没しちゃうような気がします。
 だからといって構造改革なのかというと、どこまでできるのか大いに疑問だし、それってほんとうに構造改革なのということをやってくれる保証もないしねぇ。

 ともかく一番いいのはやはりガラガラポンをこの際やっちゃうことだと思う。
 あんなにいっぱい総裁候補がでるということはいかに自民党がバラバラなのかの一証左であって、それ以上でもそれ以下でもない感じだもんなぁ。
 だからといって小沢一本の民主党が一枚岩かというとまったく違うでしょ。とりあえず必要なのは政権にしがみつくかどうかではなくて、きちんと政策の一致した人たちが政党を作ってそれで争うべきなんだよね。
 しかしこの茶番劇はどういう顛末を迎えるのか。ちょっとわからなくなったような気もするけど、でも麻生なんでしょ、シナリオ通りだと。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.03

スター・ウォーズ エピソード3

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐  実は「スターウォーズ」の映像を初めて見たのた 1977 年に横浜で行われた SF 大会だったりする。その翌年だったか劇場公開されたときには五回も観にいってしまった。それほど熱狂したんだが、このエピソード 3 に至ってはなんと DVD でしかもようやく観たという体たらく。歳は取りたくないものですなぁ。って、そういうことでいいかどうかはともかく、観るのであればきちんと気合いを入れてそれも前後関係をちゃんと把握して、などと肩に変な力を入れすぎたせいかもしれない。
 エピソード 2 を観直してそれからエピソード 3 をじっくりと二回観てしまった。
 サーガとしての繋がりということを考えると、エピソード 1 の制作時までにきちんと整合性の取れるストーリーを考えていたんだなぁと改めて思う。シスとジェダイの関係とかパルパティーンの野望とか、それを実現するための過程なんか結構綿密に構成されているよね。ドロイドとクローンもそうだけど、なるほどこういうステップを踏んで帝国を作っていったのかというのは説得力があったりして。
 いや〜それにしても感慨深いものが。これでエピソード 4 に繋がる訳か……。
 一度、1 から 6 まできちんと続けて観直した方がいいかもしれんなぁ。いや、いまさらだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.01

辞めちゃったよ

 人の価値はいったいなにで決まるんだろう?
 もちろん結果なのだ、といういい方はできるだろう。確かにそういう側面はあるが、なにを志していたのかということでもあるのではないだろうか。志半ばで倒れても、その志が高ければ、またどこまでも意志を貫いていたらそれはそれで評価してもいいと思う。
 でも、この人は結果はもちろんだがその志も、さてどこにあったのかさっぱり見えなかったといっていいだろう。
 そしてこの辞め方。
「客観的に自分を見ることができる」と語気を強めて退場したけど、ほんとうにちゃんと見えていたんだろうか? 自分のことですら「人ごと」だったらある意味凄いけど、この人の場合はとても独りよがりだっただけのような気はする。

 いずれにせよふたり続けて途中で総理の椅子を放り投げたことになる。政治力学みたいなものがあって自分のやりたいことが簡単にはできないということはあるんだろうけど、でもこういう投げ出し方はやっぱりないと思う。それもふたり続けてというのも酷い。
 いい加減に日本の政治屋さんもきちんとした政治家になってもらいたいと思う。
 そのためには政権の座がどうのこうのという前に、一度、ほんとうになにがやりたいのかをちゃんと考えた方がいいんじゃないのかなぁ。そのうえでもう一度どういった集団になり得るのかというところからやり直した方がいいんじゃないの。
 自民党も民主党もいっかいチャラにしてやり直すべきなんだろうねぇ。
 とはいえ、きっとありとあらゆる思惑がらみの総裁選になるんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »