« 今日からおいしくなる洋食のシンプルルール | トップページ | ヴァン・ヘルシング »

2008.07.02

ファームウェアアップデート

RICOH R8  リコーがコンパクトデジカメ「R8」のファームウェアアップデートをリリースした。ホワイトバランス精度を向上したんだそうだ。
 リコーファンの人たちにいわせると、こうやってファームウェアをアップデートしてくれるから長く使えるし、愛着も湧くということになる。確かに、企業の姿勢としてとても丁寧な印象はあるよねぇ。だいたいデジカメのラインナップを見ても、新型が出るまでの期間が他のメーカーに比べると長めだし、しかも基本的なデザインをあまり変えないので、旧型が古臭くならないということはあるかもしれないなぁ。
 実は「GX 200」が発表されたので物欲が静かに心の底で騒ぎ出しているんだけど、まだまだ R8 を使い倒していないから我慢我慢なんて思ってはいるんだけど、こうやってアップデートしてくれると、いつまでも R8 を使わなきゃなんて思っちゃうのも確かなんだよね。
 とりあえずこの R8 の達人レベルまで使い込んだら、次のことを考えよう。

 ということで、夜、ファームウェアをアップデート。カメラにぶち込んでいる SD カードにファームウェアをコピーして、カメラにセットし直してアップデート。まぁ、実に簡単に終わりました。
 どの程度ホワイトバランスが改善されたのかは、いつものように料理の写真、それも白い皿をを使ったパン系のメニューがいいんだろうなぁ、それを撮ったときに確認できるはず。どうしても光量が足りなくてしかも室内の蛍光灯がメインになるから、オートで撮ると皿が青っぽくなっちゃうんだよね。

|

« 今日からおいしくなる洋食のシンプルルール | トップページ | ヴァン・ヘルシング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/22050162

この記事へのトラックバック一覧です: ファームウェアアップデート:

« 今日からおいしくなる洋食のシンプルルール | トップページ | ヴァン・ヘルシング »