« 青い影 | トップページ | やっぱり速すぎる »

2008.07.31

副都心線渋谷駅

壁の向こう  このところ副都心線を使うことがたまにあって、渋谷駅のあちこちをなんとなく眺めていたらおかしなことに気がついた。
 というのも、現在プラットフォームはふたつ、島の両端を電車の発着に使っているんだが、島の中央部分に二本の使われていないレールが敷かれているのだ。等間隔にブロックが渡されていて、渡ることができるようになっている。で、新宿方面とは逆の方向を見てみると、まるでマグリットの絵のように壁からレールが付きだしているではないか。
 きっとこのレールは、東急東横線と連絡するときに使うものに違いない。

レールの説明  レールのところに小さな看板が立っていて、矢印の左右にそれぞれ「東京急行電鉄株式会社」「東京地下鉄株式会社」と書かれている。
 もしかしてあの壁の向こう側では東横線の新しい渋谷駅までの路線の工事がすでにおこなわれているのかもしれない。
 それにしても壁から付きだした線路というのはちょっと珍しい光景ではある。

|

« 青い影 | トップページ | やっぱり速すぎる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/22702628

この記事へのトラックバック一覧です: 副都心線渋谷駅:

« 青い影 | トップページ | やっぱり速すぎる »