« 90 分 | トップページ | プラネット・テラー »

2008.06.16

ぬしさまへ

ぬしさまへ (新潮文庫)  「しゃばけ」シリーズの第二弾。ワクワクしながらページをめくる楽しさがこのシリーズにはある。ただ「しゃばけ」とは違ってこっちは短編集。
 主人公の一太郎をメインにしつつ、脇を固める妖たちや、実の兄だったり、祖母にまつわる話で、なんていえばいいんだろうキャラクターたちをきちんと書くことで世界観をがっちりと構築していった気がする。話を書きながら組み上げたといった風でもあって、なんかちょっと変な印象だけど作者の想いとシンクロしながら読んでいるようなライブ感があった。
 それにしても、この人、キャラの設定やストーリーの練り方が上手いよね。ってプロの人にそんなこといっちゃいけないだろうけど、それでも読んでいて上手いなぁと唸ってしまったのだから仕方ない。短編だから広がりとか深みとか入り組んだ話ではないんだけど、だからこそとても小気味のいいストーリー展開が楽しめた。
 いや〜、第三弾はどんな話なんだろう。いまから楽しみ。

|

« 90 分 | トップページ | プラネット・テラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/21693166

この記事へのトラックバック一覧です: ぬしさまへ:

« 90 分 | トップページ | プラネット・テラー »