« スイムとジョグ | トップページ | 90 分 »

2008.06.14

点の獲り方

 相変わらずというか、そういう意味では格下なんだがそれでもセットプレーからしか点が獲れないというのはどういうことなのか。シュートする気がないとしか思えない。シュート数って呆れるほど少ないんだろうなぁ。いや、それはこの前のオマーン戦でも思ったことなんだけどさ。
 後半、憲剛がようやく流れの中からシュートを決めたけど彼は MF。なぜに FW が点を決められないのか? 前半の得点だって CB の二人だからね。あの二人の高さは認めるけどそれでいいのかなぁ。とても疑問。
 で、もっと疑問なのはそういうことに関して岡ちゃんが疑問に思っているかどうか、なんだよねぇ。彼、点の獲り方を知らないんじゃないかということ。だって、シュートの一つ前まではいいんだよ。タレントも揃ってるし、それもテクニックのある選手が多いから。でも、もしかしてそこまでの組み立てがちゃんとできたら点は転がり込んでくる、みたいな考えかたしてるんじゃないだろうなという疑問が、彼の采配ぶりを見ていると頭をもたげてくる。それに彼、ディフェンダーだったからさ。もしかしたら点の獲り方をほんとうに知らないかも、よ。防ぎ方は知っていても。
 誰だったか、岡ちゃんは好きな選手をピックアップして結局やっていることはディフェンス固めたカウンターだけ、と書いていたけど、なるほど彼のサッカー観というものがもしかしたらそれでしかないのかなぁという気がする。オシムやベンゲルと比べると彼の理論とか戦術とか戦略ってまったく見えないもの。代表チームにはその国のサッカーチームの指針となるような方向性が必要だと前から思っていたんだけど、それを彼に求めるのはさすがに無理だからね。
 ということは、これからさらに厳しくなるということなんだろうか。
 そういう意味では外国人の監督がまだまだ必要だと思うなぁ。だからかな、「岡田ジャパン」という台詞がアナウンサーの口から出る度にそれは違うよと思っちゃうのは。なんか釈然としない。

|

« スイムとジョグ | トップページ | 90 分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/21635665

この記事へのトラックバック一覧です: 点の獲り方:

« スイムとジョグ | トップページ | 90 分 »