« デス・プルーフ | トップページ | バッテリーが…… »

2008.06.10

しゃばけ

しゃばけ (新潮文庫)  最初のページをめくったときに、あっやられたと思ったんだが案の定その加減のいいおもしろさに夢中になって読んでしまった。
 なんだろう時代設定なんかも絶妙だし主人公の一太郎のキャラもまたいいしなによりその世界観がぼくの好みにぴったりで、しかもその書き方、それも表現方法だとか言葉の選び方だとかまでとてもいい感じ。なにしろ「ため息と共に出されたその声も、濃い夜の中、行方しれずになりそうだ」なんていう件を読んだだけで、間違いなくこれはぼくの好みだわ、と嬉しくなってしまったんだから仕方ない。
 キャラや時代設定、世界観といったものの説明にかなりのボリュームを割いていて、いつになったら本題の部分が展開していくんだろうと思っていたら、いつのまにかすんなりと起承転結の「承」と「転」に話が転がっていて、一気に読み終えてしまった。
 いや〜、こういう話が読みたかったんだよなぁ。ということで、このあとしばらくはこのシリーズを読むことになりそう。
 しかしなぁ、上野で待ち合わせの時間までの繋ぎで入った本屋で OL とおぼしき女性が友だちに「これ面白いよ」と勧めているのを聞いて買ってみたんだが、耳をそばだてているのも時にはためになることもあるんだなぁ。

|

« デス・プルーフ | トップページ | バッテリーが…… »

コメント

私も大好きなシリーズです。一気に読み終えてしまい、新作待ちになってしまいました。
私の場合は、最初にテレビを見てから本だったんですけど。。。

投稿: たえ | 2008.06.11 19:21

面白かったですよ。
すぐに続編読みます。

投稿: | 2008.06.12 16:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/21559547

この記事へのトラックバック一覧です: しゃばけ:

« デス・プルーフ | トップページ | バッテリーが…… »