« iPod nano | トップページ | 戦国の合戦 »

2008.06.01

Nike + iPod

Nike + nano  Nike + iPod を使ってみる。
 シューズのインソールを引っぺがしてセンサーポケットに入っているダミーを取り出すと、Nike + のセンサーをセット。nano にはレシーバーを付けて準備完了。
 プレイリストを選択して音楽を聴きながらワークアウト開始。メニューを選択するとボタンを押すように音声ガイドが流れる。なんだかちょっといい気分。
 とりあえず今日は 70 分 LSD ということでゆっくりと走り出す。
 画面に走っている状態が常に表示されるんだねぇ。ってポケットに入れて走りはじめたので確認するためにはいちいち取り出さなきゃいけないんだけど、それでも経過時間と走行距離、それに km あたりのペースタイムが表示されるのでとても便利。
 なるほどこれを要所要所でチェックしていればきちんとペースを保つことができるんだ。
 なんて思っていたはずなのにちょっと集中して走ってしまう。
 音楽を聴きながら走るのは初めてだったけど、走るときの揺れにあわせて音楽も揺れる感じで最初はなんだか違和感があったんだが、最後の方になると慣れちゃったのかそれともぼくの脳みそが勝手に補正をかけてくれているのか普通に聴けるようになった感じがする。もっとも、これは単なる気のせいかもしれないけど。

Nike + のサイト  ということで、Nike + iPod を使っているから張り切ったわけではないんだけど、11.08km を 65 分 31 秒で走ってしまった。km あたり 5 分 54 秒のペース。これでは速すぎるんだけどなぁ。
 どうしちゃったんだろう、とても気持ちよくいいリズムで走っちゃったからだろうか。
 次からはもうちょっとペース配分に気を遣おう。
 走っている最中にボタンを押すと音声で現在の状態をフィードバックしてくれるらしいのでもっと活用するとか、画面表示を気にして見るようにするとか。でもそうなるとポケットに入れたままというのは拙いかもしれないなぁ。そのあたり、どうするのかちょっと考えておこう。

 家に帰ると、nano を Mac に繋いでワークアウトデータをナイキのサイトにアップ。
 画面で自分のデータが見られるようになる。
 さてと、せっせと走らなきゃ。そんな気分にさせてくれるんだよ、この Nike + iPod は。

|

« iPod nano | トップページ | 戦国の合戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/21343068

この記事へのトラックバック一覧です: Nike + iPod:

« iPod nano | トップページ | 戦国の合戦 »