« 鮭の焼漬け弁当 | トップページ | ナショナル・トレジャー2 »

2008.06.05

バガボンド 28

バガボンド 28 (28) (モーニングKC)  うっかりしていて発売日に買えずに今日やっと購入。
 話の展開としては、前巻までの凄まじい戦いがひとまず終わりいよいよ小次郎との対決へと話が進んでいくその繋ぎといったところ。
 それにしても又八の絡み方といい、おつうや沢庵もそうだけど、いやいやそれをいったら黄平もそうなんだが人物の配置がとてもいい。一人一人の描き方もそうだし、またストーリーによって、サブに配置されているキャラクターたちがそれぞれ変化していて、時間がそれぞれのキャラクターたちに与えている影響というものを読んでいるぼくにきちんとわからせてくれるところが実に心憎い。
 今回は又八がいいよねぇ。うん、又八らしくて、それでいてちゃんと武蔵との距離感だったりおつうとの距離感だったりが変化しているところがよくわかるようになっているだけでなく、当の本人が自覚している。
 しかし、まぁ、どこまでいくんだろう。この井上雄彦が描く武蔵は。
 そこにとても興味がある。
 それはそうと「最後のマンガ展」見にいかなくちゃ。公式ページもあるんだ、展覧会の。まったく知らなかった。いけませんねぇ、もっとちゃんと追いかけないと。

|

« 鮭の焼漬け弁当 | トップページ | ナショナル・トレジャー2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/21471510

この記事へのトラックバック一覧です: バガボンド 28:

« 鮭の焼漬け弁当 | トップページ | ナショナル・トレジャー2 »