« 脳と心の洗い方 | トップページ | スイムとジョグ »

2008.06.13

シベリウス:交響曲第1番

シベリウス:交響曲第1番  六月の二枚目。6 月 15 日は日曜日だから本日購入。といっても出張から帰ってきたところなので買ったのは実は退社してから。だから実はまだ聴いていない。
 シベリウスは去年が没後 50 周年だったそうだ。交響詩「フィンランディア」などの代表作をすでに創作していたシベリウスが、この第 1 番を完成させたのが 1899 年の初め。自堕落な生活をしていたシベリウスだったけど作曲中は酒も葉巻も控えたけど長続きはしなかったらしい。酔っぱらって騒動起こしたんだとか。
 しかし、それから結局、第 7 番まで作るんだから大したものだ。
 初演は 1899 年 4 月 26 日。熱狂的な支持を集めたらしいんだが、帝政ロシアの圧政が一段と過酷になり、フィンランドらしい情感にあふれていることがこの作品に対する共感をより高めたという側面もあったとか。時代というものがいろいろ面で影響しているということは確かにあるのかもしれない。同じ年に作られた「フィンランディア」は演奏禁止処分にされたからね。そういう時代だったということだ。

|

« 脳と心の洗い方 | トップページ | スイムとジョグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/21620964

この記事へのトラックバック一覧です: シベリウス:交響曲第1番:

« 脳と心の洗い方 | トップページ | スイムとジョグ »