« ちょっと意地になったりして | トップページ | 知らなかった »

2008.05.19

OUT

OUT 上  講談社文庫 き 32-3 OUT 下  講談社文庫 き 32-4  今年の 29・30 冊目。桐野 夏生「OUT」読了。
 いや、物凄い話でした。実はあまりにもおもしろくてけっこうのめり込みそうになり、でもなんだかあっという間に読んでしまうのがとてももったいなく感じたので、ぼく的にはとても珍しいことだけど時間をかけてじっくり読むことにした。
 しかしなぁ、こうも鮮やかに登場人物を配されるとただ唸るしかないよねぇ。しかも、それぞれにスポットをあてて同じできごとを違う角度から見せてみたりとそのさし加減がまた見事。しかも、人物の描き方がまたいいんだよなぁ。なんでそんな人が出てくるんだろうと思って読み進んでいくと、これがジグソーパズルのピースが最後にピタッと填るようにきちんとストーリーに絡んでいるんだよねぇ。
 ということで、どっと桐野夏生を読んでしまったわけだが、ちょっと疲れたのでしばらく別の人の小説を読むことになるでしょう。
 この人の本って読む側にも、というかそれはぼくだけなのかもしれないけど、ある覚悟がいるんだよなぁ。読むぞってなんか自分で勢いつけないとなかなか手が出しにくいというかなんというか。でも読んでみるとこれが凄くおもしろいわけで、そういう意味ではこっちも力を蓄えておく必要があるんだよね。

|

« ちょっと意地になったりして | トップページ | 知らなかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/21071712

この記事へのトラックバック一覧です: OUT:

« ちょっと意地になったりして | トップページ | 知らなかった »