« 本屋 | トップページ | 花粉症の予感 »

2008.03.01

ウィッカーマン

ウィッカーマン  カルトムービーのリメイク版なんだそうだ。が、ぼくはそのオリジナルを見ていない。なんとなくオリジナルの評判は amazone のレビューなんかで見てはいるけど、この映画はそのオリジナルのカルトチックな部分を取り除いて作られているらしい。
 だからといえばいいんだろうか、むしろストーリーを重視した作り方になっている。ニコラス・ケイジが正義感いっぱいの警察官としてその孤島にいくわけだが、ニコラス・ケイジが善人であればあるほどラストのどんでん返しが効く。途中で、もしかしたらと思ったんだけど、そのまさかのラストになってちょっと驚いてしまった。
 途中で、夢や幻覚と現実がゴチャゴチャになるシークエンスがいくつかあるんだが、その作り方はなかなかおもしろかった。まさに映像でしか与えられない種類のショックを与えてくれる。あとは、その島の非現実的な日常なんかをもうちょっと映像的に凝ってくれるとよかったような気がする。けれど、あまりやり過ぎるとラストのどんでん返しが効かなくなってしまうのかもしれないなぁ。
 途中からやたらに蜂が出てくるんだけど、女王蜂が君臨している島なんだよということを暗示していたんだね。でも見終わったあとに、いや女ってほんとうに怖いと思うことができるのはなかなかの体験であった。うむ〜。
 今度、オリジナルの方を探して見てみよう。

|

« 本屋 | トップページ | 花粉症の予感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/10873979

この記事へのトラックバック一覧です: ウィッカーマン:

« 本屋 | トップページ | 花粉症の予感 »