« チャンピオンたちの朝食 | トップページ | マーラー : 交響曲第 8 番 »

2008.02.27

MacBook Air だけど

もちろんMacBook Air  MacBook Air のことをちょっと。
 MacBook と MacBook Pro の新しいバージョンが発表されたからというわけではないんだけど、ここまで使ってきた印象をちょっとメモしておこう。
 まず最初に書いておかなければいけないことがともかく軽いということ。持ち運ぶ際の負担、精神的なものも含めてということだけど、それがまったくといっていいけどない。強度はどうかということが買うまでは心配だったけど満員電車で揉みくちゃにされも平気で、いまはまったく気にしていない。
 PowerBook 2400c や初代 PowerBook G4 は仕事の際に持ち運んでいたけど、特に PowerBook G4 はやはりちょっと重かった印象が強い。嵩張ったし、PowerBook G4 のときには、わざわざ TUMI のバッグを買ったぐらいだからなぁ。ともかくサイズも重さもそれなりの覚悟は必要だった。MacBook になってもその覚悟は多少必要で、金曜日には持ち帰っていたけど、さすがに毎日持って帰る気にはなれなかった。
 それが Air になったらまったくそんな負担がないんだよね。持ち運ぶということが前提であれば、MacBook Air は大正解なマシンといえるんじゃないだろうか。
 ついでに今日だけど、DVD をリッピングしてそのデータを別の DVD に焼いてみた。
 スピードという点でもまったく問題はなかったし、ちゃんと焼けた。もちろん、SuperDrive を USB に繋いで、ということだけど。別のマシンのドライブをリモートで使ったらどうなるのか、ということについてはよくわからない。
 このマシンで困ったことがひとつだけ。
 無線 LAN に自動接続してくれないのだ。これだけはちょっと面倒なので困っている。
 スリープから復帰する度に、ネットワーク環境設定を開いて手動で接続している。これだけはなんとかならないものかと思っている。
 いまのところはそんなところかなぁ。最初はともかく、もうなんだかんだで三週間ほどになるんだけど、MacBook Air を使うことがごく当たり前のことになってしまっている。大したトラブルにも遭遇していないし、もちろん買ってよかったと思っている。
 そうそう、もうちょっと小振りのバッグを買わなきゃいけないかもしれない。TUMI のバッグはいいけどバッグ自体がそれなりの重さだしね。

|

« チャンピオンたちの朝食 | トップページ | マーラー : 交響曲第 8 番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/10811253

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Air だけど:

« チャンピオンたちの朝食 | トップページ | マーラー : 交響曲第 8 番 »