« ひとりでは生きられないのも芸のうち | トップページ | いつものように泳いで走る »

2008.02.15

MacBook Air のその後

MacBook Air  MacBook Air を使いはじめて 5 日目になる。
 とりあえず薄くて軽いというところで注目を集めたわけだけど、確かにこいつは薄い。ウレタンのインナーに入れて鞄にしまうんだが、鞄が不相応に大きく見えてしまう。それほど薄い。これは確かに素晴らしいことだ。
 ただ、USB ポートがひとつしかないということが懸念材料だったわけだけど、写真を見ても判るように USB ハブを使えばなんの問題もないので、これに関してはぼくの中ではあっさりと解決してしまった。USB Ethernet アダプタにスピーカー、それに iPod が繋がればぼくの場合は充分だからだ。
 それと意外に心地いいのがキータッチ。
 PowerBook 2400c から Apple のノートを使っているけど、歴代のマシンの中では一番気持ちよくタイピングができる。タイプするのが楽しいノートってはじめてかもしれない。

 ただ、やっぱり「あっ」と思ったとがひとつ。
 今日、マーラーの 7 番を買ったんだけど、CD がリッピングできない。DVD ドライブがついていないからね。これはさすがにちょっと困ってしまった。
 家に SuperDrive があるからそれを繋げば問題ないんだけど、じゃ常に持ち歩くのかということになるとそれは違うよなぁ。
 ということで、いつも会社の近くの TSUTAYA を利用していたんだけど、これについてはちょっと考え直さなきゃいけないかもしれない。いままで会社でリッピングしたりしていたからなぁ。だからといって SuperDrive を会社に置いておくと家で DVD が焼けないし。ちょっとしたジレンマ。
 もう一台 SuperDrive を買うってのはなんだか邪道のような気がするから、これについてはちょっと悩むことになりそう。

|

« ひとりでは生きられないのも芸のうち | トップページ | いつものように泳いで走る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/10541588

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Air のその後:

« ひとりでは生きられないのも芸のうち | トップページ | いつものように泳いで走る »