« 夢を見た | トップページ | 「僕」なのか「わたし」なのか »

2008.01.08

家を買いたくなったら

家を買いたくなったら  今年の 1 冊目。長谷川 高「家を買いたくなったら」読了。
 一年の初めに読む本は、それなりに内容を意識して選んでいる。まぁ、今年を象徴するような内容を選んでいるといっていいだろう。
 今年は引っ越しが目標なので家を選ぶ本をということで読んでみた。
 基本的に内容は「購入」することが前提になっているんだけど、不動産をどういう観点で選ぶのかということがわかればよかったので、そのあたりはあまりというかまったくといっていいけど意識はしていない。
 家がどういう意味を持つのかきちんと考えてから選んだ方がいいというのは頷けるところ。ともかく広い家とか、ともかく部屋が多ければいい、みたいな観点で家を選ぶのではなく、自分のライフスタイルをきちんと確立すればより最適な家が選べるという意見は、素直によくわかる。というのも、わたし自身が引っ越しを考えているのもライフスタイルというとちょっと大袈裟だけど、これからの生き方を考えて得た結論だからね。
 家を選ぶときは、慌てず騒がずじっくりとしかも疑問点はきちんと全部潰してからにしようというのは大切なことだよな。交渉ごとがあまり得意ではないわたしの場合、けっこういい加減に「まぁいいや」というノリで引っ越し先を選んでいた気がするけど、今度はそのあたりを意識して選ぶつもり。
 ということで初心者には最適な本だったかもしれない。

|

« 夢を見た | トップページ | 「僕」なのか「わたし」なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/9793405

この記事へのトラックバック一覧です: 家を買いたくなったら:

« 夢を見た | トップページ | 「僕」なのか「わたし」なのか »