« センセイの鞄 | トップページ | 泳いで走る »

2008.01.12

ストレンジャー・コール

ストレンジャー・コール  「夕暮れにベルが鳴る」のリメイク版。とはいってもぼくはたぶん観ていないので、なにがどうなのかよくわからない。が、前半の部分だけを抜き出した格好なっているらしい。ベビーシッターとして豪邸でバイトすることになったんだが、そこへいたずら電話がかかってくる。その男はオープニングですでに凄惨な殺人事件を起こしていて、ということでこの猟奇男が主人公をじわじわと追い詰めていく。
 いたはずのメイドの姿が消えたり尋ねてきた友だちの行方がわからなくなったりと、お決まりのパターンで追い詰められていくんだが、そのあたりの描き方がちょっと間接的で、もっと湧いていいはずの恐怖感があまり画面から伝わってこなかった。ちょっと思わせぶりすぎた印象は否めないなぁ。もちろん男がその姿を現してからは、直接的な攻防になるので手に汗握ってしまうんだが、もう一捻りというか、もうワンサイクルといっていいだろうか、主人公を追い詰めるシークエンスがあってもよかったと思う。
 そのあたりちょっと踏み込みが浅いためにエンディングで主人公の娘がトラウマになるような恐怖感を抱いたことに対して説得力にやや欠ける感じがする。
 あとはあれだね、家が広すぎてなにがどうなっているのか観ているこっちも位置関係がよくわからなくて、そういう意味で恐怖を湧き上がらせることができなかったということもあるかもしれない。
 なかなかおもしろかっただけに、そういった点がちょっと残念だったなぁ。

|

« センセイの鞄 | トップページ | 泳いで走る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/9860641

この記事へのトラックバック一覧です: ストレンジャー・コール:

« センセイの鞄 | トップページ | 泳いで走る »