« パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド | トップページ | 頭脳勝負 »

2007.12.09

嫌になってしまった

 10 月の頭から走り始めてこんな気持ちになったことはいままで一度もなかった。
 休日になると嬉々として走ってきたのに、走り出した途端、走ることが嫌になってしまった。
 どうしてなのかはわからない。
 でも走り出してすぐに呼吸と足の運びのリズムが微妙に合わないことに気がついた。なんだか妙にずれてしまう。だから呼吸も苦しいし、走っていておもしろくないのだ。このあたりは泳いでいるときも同じでリズムがぴったり合っていると息苦しさを感じることはない。
 なのにどうもぎこちない走りになってしまった。
 そのうちなんとかなるだろうと思っていたんだが、走れば走るほど酷くなるばかり。汗もかくし腕の振りもなんだか変に感じる。
 それでもなんとか昨日と同じコースを走りきる。
 走り終わってなぜこんなに不自然な感じだったのかわかった。タイムを気にしすぎていたのだ。もちろん昨日よりもタイムはいい。6.3km を 36 分で走ったので時速は 10km/h ちょっとということになる。もちろんいままで最速だろう。昨日はだいたい 38 分ぐらいだったはず。
 ということはいまのわたしの身体に合ったスピードではないということなんだろうか? それとも慣れればこれで気持ちよく、いや違うな、楽しく走れるんだろうか? 途中で、なぜこんな思いで走らなきゃならないんだろうと何度も自問してしまった。こんなことははじめてだ。これで走ることが嫌になっちゃうんだろうか?
 わからないことだらけで、さらに余計嫌になってしまった。
 来週の土曜日、再び走るつもりになるのかどうかではっきりするのかもしれない。

|

« パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド | トップページ | 頭脳勝負 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/9337528

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌になってしまった:

« パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド | トップページ | 頭脳勝負 »