« トゥモロー・ワールド | トップページ | SO905i »

2007.12.23

たかが蹴のびされど蹴のび

 いつものようにプール。
 昨日、DVD で見た泳ぎを頭の中で再現しつつゆっくりと泳いでみる。
 なるほどいままでとは違ってもうちょっといろいろなところに神経が行き届くようになって、例えばキックしている足だとかキャッチアップしようとしている手の先だとかの動きがなんとなくわかるようになってきた。
 ということで神経が行き届くようになるとさらにできていないところがいろいろとわかってしまってあまり嬉しい状況ではないんだけどね。ただ、たゆたうように泳ぐことに慣れたようで、その点でちょっとだけ進歩してるんじゃないのと自らを慰めておく。
 実はぼんやりと他の人の泳ぎなんかを見ていて気がついたことがひとつ。
 「ゆっくり長く泳ぎたい!」の本では蹴のびについては詳しく説明していて、DVD でもかなり時間を割いていたんだけど、あまりみんなこの蹴のびを意識していないんだね。なんだか勢いに任せて飛び出そうとして逆に水の抵抗で 3m も進まない人が多い。思いっきり息を吸い込んでから飛び込んでいるような悪い見本のような人なんかもいて思わず苦笑してしまった。そんな中、わたしよりも確実にお歳を召しているとおぼしき女性がす〜っと 5m は進んでいるのを見て納得。まったく力が入っていないのだ。しかもそんなに深く潜っていない。なのに自然にプールの壁から離れるとす〜っと 5m 近く蹴のびだけで進んでいた。
 それを見て実は思い出したことがある。
 以前、頻繁にプールに通っていた頃、はやり同じようにごく自然にす〜っと蹴のびで進んでいる女性に対抗しようと思いっきり壁を蹴っていたことがあった。どんなに頑張ってもせいぜい 3m しか進まず首を傾げていたんだがそういう理屈だったんだねぇ。やっと腑に落ちた。勢いをつけすぎると水の抵抗が増して逆に進み辛くなってしまうのか。
 わたしももっともっと力を抜いて自然に蹴のびができるようにならなくちゃいけないんだろうなぁ。いまだに 7m の壁が越えられないのだ。もうちょっとスピードにも乗りたいし、このあたりもっともっとプールに通わなきゃ駄目なんだろうなぁ。

|

« トゥモロー・ワールド | トップページ | SO905i »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/9550001

この記事へのトラックバック一覧です: たかが蹴のびされど蹴のび:

« トゥモロー・ワールド | トップページ | SO905i »