« 頭痛 | トップページ | 過剰と破壊の経済学 »

2007.12.13

雨と頭痛と将棋

 雨が降っている。
 たまにはこういう天気もいかもしれない。雨の音を聞いているとなんだか不思議に心の中を覗いてみたくなるようなそんな気持ちにさせてくれる。でも、通勤しなきゃいけないことを考えると話は別。
 濡れた傘を持って乗る満員の通勤電車ってのはただただうんざりするだけでだから。
 昨日ほどではないけれど、たまに頭痛がする。
 右のこめかみがズキっと痛む。
 通勤電車の憂鬱と頭痛が重なって、さらにうんざりする。
 でも仕事があるもんな。

 帰宅後、竜王戦の結果を Web サイト で確認。
 135 手目で佐藤二冠が投了、渡辺竜王が四期連続防衛を達成していた。四期連続というのは史上初なんだそうだ。この前、著書を読んだこともあって応援していたのでちょっとだけ嬉しい。しかし、このレベルの将棋ってすごいよなぁ。一手一手で善し悪しがどんどん変わる。あっという間にチャンスになり、あっという間にピンチになる。このあたりのスリリングさが将棋にはある、ということが少しだけわかるようになってきた。

|

« 頭痛 | トップページ | 過剰と破壊の経済学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/9396346

この記事へのトラックバック一覧です: 雨と頭痛と将棋:

« 頭痛 | トップページ | 過剰と破壊の経済学 »