« 四次元ポケット | トップページ | チョコレート »

2007.12.03

東京日記 卵一個ぶんのお祝い。

東京日記 卵一個ぶんのお祝い。  今年の 67 冊目。川上弘美「東京日記 卵一個ぶんのお祝い。」読了。
 「東京日記 2」があまりにもおもしろかったのでついつい買ってしまった。いやさんざん悩んだんだが新宿のジュンク堂で初版本を見つけちゃったものだからそのままレジへ直行してしまった。その昔、初版本フェチだった時期があってどうもその兆候が少しずつ頭をもたげてきている今日この頃かもしれない。
 それにしても「わたしは、射精されるよりもドラキュラの類に血を吸われる方が好きなタイプなのである、ということになるかもしれない」なんてフレーズが飛び出したりと相変わらずおもしろい。って、こっちが先だったんだよね「東京日記 2」よりも。
 ネタを転がしているのもおもしろいけどどこまでが本当にあったことでどこからが創作なのか彼女の場合その境目がよくわからず、そのあたりのゆらゆらした感覚がとても川上弘美らしいと納得してしまった。それにしてもなんていえばいいんだろう、昔、彼女と会ったことがあるだけに本人のイメージ、といってもほとんど会話を交わした覚えがなからその容姿だけだけど、と文章のミスマッチ具合がわたし的にはとてもいい感じなのである。こういう贅沢な読み方ができるというのは嬉しいことだけど、そうか他の作家もこういう感覚で読めればもっとおもしろいのかといわれるとちょっと違うような気がしている。これ彼女だからなのかもしれないなぁ。
 ということでしばらく彼女の著作は読んでいなかったけど、またぼちぼち読みはじめるかなぁ。

|

« 四次元ポケット | トップページ | チョコレート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/9246609

この記事へのトラックバック一覧です: 東京日記 卵一個ぶんのお祝い。:

« 四次元ポケット | トップページ | チョコレート »