« ガラガラポンは…… | トップページ | 一緒ですけど »

2007.11.05

ひねり出す時間術

ひねり出す時間術ー30分ジグザグ仕事術 (角川oneテーマ21 B 101)  今年の 60 冊目。清水克彦「ひねり出す時間術」読了。
 この手の hack 系の本を読んだとしても、「これは素晴らしいことをはじめて知った」ということはほとんど稀で、「なるほど、ということはわたしがやっていたことはそれなりに意味があったんだなぁ」と改めて認識することの方が多い。それでいいと思う。意味を知らずにやっていたことに意味があるということを知るだけでも大切なことだし、その意味が意義に変わることがあれば感謝してもいいぐらいなものだ。
 著者はラジオ局のプロデューサーを務める傍ら、大学で講義をし、さらに執筆もしてと何束ものわらじを履いているそうで、そういう意味では仕事をスピーディーに片付け、時間をいかに有効に使っているのかということを実践しているだけあって、それぞれの項目は頷けるものばかり。とはいっても最初にいったように目新しいものはそんなにない。
 ただ一週間のうち一日は予備日にする、というのはなるほどと感心してしまった。それはいいことかもしれないなぁ。というのも、それなりに時間をひねり出すのに困るほど多忙ではないんだが、というか忙しくても人はなんとかなるものなんだが、ウィークデーに余裕のある一日を設けるときっと一週間にメリハリがつくだろうと思えるからだ。
 わたし自身はもういい歳だしこれから本当の意味で上手に時間を使いたいからね。人生を味わうということの意味が朧気ながらわかりはじめてきた年齢なので余計にその想いは強い。
 充実した一週間を過ごすためにも予備日を設けてみようと真剣に思っている。

|

« ガラガラポンは…… | トップページ | 一緒ですけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/8780531

この記事へのトラックバック一覧です: ひねり出す時間術:

« ガラガラポンは…… | トップページ | 一緒ですけど »