« 打合せだらけ | トップページ | 大量に捨てる »

2007.11.03

ロッキー・ザ・ファイナル

ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)  誰がなんといおうとロッキーである。あのテーマ曲を聞いただけで血湧き肉躍ってしまうのはわたしだけではないはず。なにかが心の中で動く。それも熱いものが。
 ということでシリーズの途中はどんな映画なのかさっぱり知らないのだが、それはどうでもいかもしれない。「1」とこれだけで充分だろう。
 話はどこまでいってもロッキーでしかない。話の展開なんて、タイトル見たときから予想がつく。なのに、心が動く。ロッキーはそういう不思議な力をもった映画ではないだうか。男が殴り合うというとてもプリミティブな戦いを繰り広げるから余計に揺さぶられるのかもしれない。
 いろいろと突っ込みどころはあるんだろうがもうそんなことはどうでもいいでしょう。ここまで身体を鍛えたスタローンの覚悟みたいなものが、当然薬を使っているんだがもちろん寿命を縮めるような薬なんだそうだが、画面から伝わってくる。
 とにかくあのテーマ曲とボクシングの試合のシーンでお腹いっぱいになりました。
 「心が歳を取ることはない」ってのはとてもいい台詞だ。もちろん 50 歳過ぎないとこの台詞の深さはわからないだろうけど。

|

« 打合せだらけ | トップページ | 大量に捨てる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/8751687

この記事へのトラックバック一覧です: ロッキー・ザ・ファイナル:

« 打合せだらけ | トップページ | 大量に捨てる »