« 鬼の霍乱 | トップページ | 京都妖怪紀行 »

2007.10.02

マーラー:交響曲第 2 番

マーラー:交響曲第2番
 十月の一枚目。本当なら昨日購入する予定だったのだが、鬼の霍乱というヤツで伏せっていたので今日になった。マーラーの 2 番はクレンペラー指揮のものを持っているんだが、クーベリックはメリハリを効いているのでやはり別の印象を持ってしまう。そのあたりはクラシックのおもしろさだろう。
 もうひとつおもしろいことが。というのは、マーラーは以前から聴いていたのだが、正直どこがいいのかよくわかっていなかった。それがブルックナーを聴くようになってからなぜかのめり込めるようになれたのだ。不思議なものである。また逆に、クーベリックのマーラーを聴いていると、ブルックナーがとてもわかるようになった。この関係はなんなんだろう? 古典派の音楽はわかりやすいからいいけど、ということなのか、それとも、曲に親しめるようになったタイミングがたまたまこういうことだったのか。そのあたりはよくわからないが、わたしの場合はブルックナーを聴くようになってマーラーがわかるようになり、マーラーがわかるようになったらブルックナーのおもしろさがわかるようになったということである。
 それにしても第 5 楽章は長すぎるよなぁと思っていたんだが、今回何度も聴き直してみて、いややはりこれだけの長さが必要なんだということがわかった。というか、この曲とても素敵じゃない。

|

« 鬼の霍乱 | トップページ | 京都妖怪紀行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/8280220

この記事へのトラックバック一覧です: マーラー:交響曲第 2 番:

« 鬼の霍乱 | トップページ | 京都妖怪紀行 »